So-net無料ブログ作成
検索選択


【最大1,111ポイント】楽天の自動車保険一括見積もり
↑ ↑ ↑
無料見積もりで最大1111ポイントもらえてお得です(^^)


自動車保険 テレマティクス技術で運転挙動を計測 [自動車保険 比較]

あいおいニッセイ同和がテレマティクス技術で運転挙動を計測して保険料に反映させる自動車保険を開発したそうです。

通常の自動車保険の仕組みに、運転挙動による割引を付けるということだそうです。

なんか、保険料の計算が複雑そうな印象です。

運転挙動ということは、急ブレーキとか急発進などのデータを計測してということだと思います。

自動車保険 満期 [自動車保険 相場]

自動車保険が満期になる方が多い季節です。

今は満期の3ヶ月前には案内が届いて、継続手続きを既に終えているという方も多いかもしれません。

満期のタイミングに補償の見直しをしておきたいところですが・・・・

自分で自動車保険のことをああだこうだと考えるのって嫌ですよね(; ・`д・´)

そういうときには、やっぱり保険に加入しているところのスタッフが頼りになれば活用したいところです。

自動車保険は毎年のように改定があって、微妙に補償内容が変わっていることもあるので、何か変更点が無いかは、満期の時にきちんと確認した方がいいですよ。

三井住友海上 自動車保険 LINE活用 [自動車保険 比較]

三井住友海上ってLINEで、自動車保険の契約確認や連絡サービス、自動車事故対応の途中経過を確認ができるそうです。

すごいですね。。。。

LINEって保険会社が利用するくらいなので、セキュリティは大丈夫ということでいいのかな???

1社が始めると他社も追従するのが損保業界なので、たぶん他社も導入しそうです。

自動車保険 1日 [自動車保険 1日]

自動車保険、1日だけ加入できるタイプの商品が注目されたのは東京海上の「ちょい乗り保険」が登場してからですね。

その後、三井住友海上、あいおいニッセイ同和なども1日だけ加入できるタイプの自動車保険に参入しています。

この1日だけ加入できる自動車保険に関して、勘違いしやすいところをまとめておきたいと思います。

1.自分の車は補償を受けられない

1日だけの自動車保険では「本人か配偶者が所有する自動車」は補償の対象外としています。

よく考えると当たり前で、これが認められると、運転の頻度が高い人以外は、1年単位の保険に入らずに週末だけ1日自動車保険に入れば済むことになってしまいますよね。

でも、同居の親が所有する自動車は補償対象だったりします。

自分(配偶者も)の車以外を一時的に運転する時の保険というのが、この保険の目的ということになります。

2.自分の怪我の補償が不十分

事故の相手じゃなくて、自分の怪我の補償は「搭乗者傷害」という種類の保険で補償されることになります。

でも、この「搭乗者傷害」という保険は、予め決められた金額までしか保険金が出ないので、治療費が高額になるような怪我を事故で負ってしまうと、もらえる保険金では治療費が足りない可能性があります。

通常の自動車保険では、自分の怪我は人身傷害という保険で補償されるのですが、これは実際にかかった治療費を基準に保険金を払ってくれるので、基本的には治療費は全額保険金で賄えるということになります。


1日だけ入れる自動車保険はお手頃で魅力的ではあるのですが、このような注意点もあるので、うまくリスクを考えながら利用したいものになります。

SEO対策テンプレート