So-net無料ブログ作成


【最大1,111ポイント】楽天の自動車保険一括見積もり
↑ ↑ ↑
無料見積もりで最大1111ポイントもらえてお得です(^^)


自動車保険 値下げ戦略で競争激化 [自動車保険 安い]

自動車保険、値下げ戦略で競争激化しそうだとか。

2018年に損害保険料率算出機構の参考純率が8%下がることを受けての予想。

2018年に満期を迎える方は、各社の見積りを比較するといいかもしれないですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

自動車保険 年齢条件 [自動車保険 比較]

自動車保険の年齢条件について書きたいと思います。

自動車保険での年齢条件とは、

「契約する車を運転する人に対して年齢制限を付けることで保険料の割引を受ける」

ものになります。

加入する保険の条件によっても変わる部分ですが、年齢条件で制限を受けるのは、「記名被保険者あるいはその配偶者の同居の親族まで」という範囲なのが一般的です。

例えば、年齢条件「35歳以上補償」を設定した場合、記名被保険者の30歳の同居の子が契約の車を運転して事故を起こしても、自動車保険は使えないことになります。

ただ年齢条件の適用範囲が同居の親族までの場合であれば、記名被保険者、配偶者のどちらとも別居の20歳の子が契約の車の運転をしても、自動車保険は使えることになります。


自動車保険の年齢条件は保険料を安くするための一つの手段なのですが、誰が運転できて、誰が運転できなくなるのかは、その保険会社の商品によっても考え方が違うこともあるので、一般的なことが書いてあるウェブサイトだけの情報ではなく、きちんとパンフレットをみるなどする必要があります。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

自動車保険 特約 [自動車保険 特約]

自動車保険には特約というのがあります。

特約とは、基本的な補償になる「対人保険」「対物保険」「人身傷害・搭乗者傷害保険」「車両保険」での補償を補完したり、基本的な補償に関わる部分以外の補償をするものを指します。

例えば、「車両保険の無過失事故特約」という特約がありますが、これは通常の車両保険では補償できないもらい事故で保険を使う場合の等級への影響についての補完する特約です。

他に例えば、「弁護士費用等特約」では、基本補償には属さないですが、主にもらい事故の自動車事故に遭ってしまった場合に、相手へ損害賠償請求をするための弁護士費用を補償する特約という位置づけになっています。

なので、自動車保険では、『基本補償+特約』という考え方で、自分の補償内容を決めていくことになります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

自動車保険 値下げ 2018年 [自動車保険 安い]

自動車保険の保険料が2018年から値下げされるなんてニュースがありました。

事故の減少により、損害保険各社でつくる「損害保険料率算出機構」が、自動車保険の保険料にえいきょうする「参考純率」を平均8%引き下げることを決めたとか。

ちなみに、自動車保険の保険料は上記の「参考純率」を元に各社で保険料を決めることになるので、各社一斉に8%安くなるというわけではありません。

2018年4月以降に安くなる可能性が高いですが、どれぐらい安くなるかは自動車保険の損保会社次第です。

他に値上げ要因があれば、その分相殺はすることになってきます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。