So-net無料ブログ作成


【最大1,111ポイント】楽天の自動車保険一括見積もり
↑ ↑ ↑
無料見積もりで最大1111ポイントもらえてお得です(^^)


前の4件 | -

自動車保険 等級交換 [自動車保険 等級]

自動車保険で等級交換がお勧めっていうネット記事を見ました。
等級交換をすると、保険料の節約になる、という話しです。

等級交換っていう言葉はあんまり一般的ではないかもしれないので、この記事でも解説したいと思います。

自動車保険の等級交換とは


等級交換は、同居の家族内で所有している車の台数が増える時か減る時に行うことができます。

例えば、増えるケースというのは、今まで父親だけが車を所有していたが新たに同居の子どもが免許を取得して、子ども用の自動車が1台増えた場合。
反対に減るケースは、今まで2台同居の家族内で所有していたけど、そのうち1台が不要になって手放すことになったような場合です。

等級交換ではなく、たすき掛け、等級シャッフルなどと言われる場合もあります。

もう少し具体的に言うとこんなことをするのが等級交換です。

<父の車>
10等級      →    6S等級(同居の子に10等級を譲ったので6S等級からスタート)

<同居の子の新しい車>
購入       →    10等級(父から等級を譲り受けた)

等級交換で保険料節約になる理由



等級交換をすると保険料が節約になる・・・・というのは、必ずではありません。
保険料が安くなる場合もあれば、安くならない場合もあります。

節約できる、つまり保険料が等級交換で安くなる理由を説明します。

等級を交換するということは、保険料の割引率を交換するということになります。
そして理解しておきたいのは、等級による割引前の保険料にも、車ごとに違いがあるということです。

なので、例えばこのような違いがあるとします。
(金額の違いは適当です)

<父の車>
等級の割引適用前の保険料=200,000円(年間)
<同居の子の新しい車>
等級の割引適用前の保険料=500,000円(年間)

ちなみに、なぜ等級の割引適用前の保険料に違いが付くかですが、自動車保険の保険料は主な運転者の年齢や、運転できる人の年齢制限(年齢条件)などで、保険料に違いが付くからです。

父と子という例であれば、年齢の若い子どもの方が事故率が高いと考えられるので、保険料も高くなります。

そして、上記例の金額に等級による割引を適用してみます。

<父の車>
200,000円(年間) 10等級(45%割引)=110,000円
200,000円(年間) 6S等級(9%割引)=182,000円
<同居の子の新しい車>
500,000円(年間) 10等級(45%割引)=275,000円
500,000円(年間) 6S等級(28%割増)=455,000円

※6S等級の割引率は「父:年齢条件が35歳以上補償」「子:年齢条件が年令問わず補償」の前提

上記から等級交換した場合としない場合を比較してみます。

<等級交換しない場合>
・父の車 10等級(45%割引)=110,000円
・同居の子の新しい車 6S等級(28%割増)=455,000円
合計=565,000円

<等級交換しない場合>
・父の車 6S等級(9%割引)=182,000円
・同居の子の新しい車 10等級(45%割引)=275,000円
合計=457,000円

差額は年間で「108,000円」にもなります。

まとめると、

等級割引適用前の保険料が高い方に進んだ等級を適用させる

となるようにすれば良いということになります。

同居の家族内で車が増える、減る、という場合は、この考え方をもとに等級交換するか判断します。

でも・・・・

これは一般の方には事前に計算は不可能なので、保険を契約している代理店に「等級交換したらお得になりますか?」と確認してみましょう。

ただ、等級交換したら必ず安くなるわけでは無いってことを知識がない代理店は理解していないこともあるので、「等級交換した場合」「等級交換しない場合」で両方計算してもらいましょう。

nice!(0)  コメント(0) 

レクサスオーナーズ保険 [自動車保険 比較]

レクサスオーナーズ保険、というのがレクサスディーラーでレクサスを購入した方に対して販売されています。

私は、自動車保険関連の仕事をしているのですが、ネットで調べてもレクサスオーナズ保険について正しく説明がされているサイトが無いので、この記事で説明してみたいと思います。

レクサスオーナーズ保険とは



レクサスオーナーズ保険はあいおいニッセイ同和の自動車保険です。
あいおいニッセイ同和では、個人向けに「タフクルマの保険」という商品名の自動車保険を販売していますが、レクサスオーナーズ保険はこの「タフクルマの保険」をベースにして、通常よりも補償内容を更に手厚くした、レクサス車以外では加入できない自動車保険です。

レクサス車以外の保険との違いとして、下記の3つの特約が自動セットされます。

・傷害一時金高額特約 〈傷害一時金特約( 傷害一時金3倍額払特約セット)〉

ご自身の車に乗っている方が事故をしてしまった時のケガの治療費を補償する特約です。
実際に治療に必要な金額は、別の人身傷害保険から「実費」

・代替時登録諸費用特約 〈同一代替自動車取得時諸費用特約〉
・代替時登録
諸費用特約
nice!(0)  コメント(0) 

自動車保険 ドライブレコーダー [自動車保険 口コミ]

自動車保険 でもドライブレコーダーを活用した商品が登場しているんですね。

東京海上のドライブエージェントパーソナルですが、専用のドライブレコーダーを貸出してくれて、事故時の保険会社への自動通報ができて、事故状況の調査時はドライブレコーダーの映像を活用するそうです。

相手が悪い事故の場合の証明になるというのはいいですね☆
nice!(0)  コメント(0) 

テレマティクス自動車保険 [自動車保険 口コミ]

テレマティクス自動車保険っていうのが今後のトレンドになるみたいですね。

自動車保険の保険料に車や車載器から取得したデータを反映させていくということです。

車や車載器からデータを集めるには通信機能が必要になると思うのですが、トヨタは2019年に日米中で発売するほぼすべての乗用車を、通信機能を搭載した「コネクテッドカー」にすることを表明しているそうなので、近い将来自動車保険はテレマティクス型にどんどん変わっていくかもしれません。
nice!(0)  コメント(0) 
前の4件 | -
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。